高田よしかず県議のHP、ただ今工事中です

いつもご支援、ありがとうございます。

都合により、ただ今ホームページ全体の工事中です。

今しばらくお待ち頂けますようよろしくお願いします。

 

日本共産党和歌山県議団のHPをぜひごらんください。

新型コロナウイルス感染症対策      お困りのこと、何でもご相談ください!

ご相談、ご意見は

 

電話 0739-82-3515(留守の際は留守番電話に伝言ください)

FAX 0739-82-3516

  

メールは

県議団のメールアドレスにお願いします。

 

w-jcpken@naxnet.or.jp

 

新型コロナウイルスに関する県への申し入れ

日本共産党和歌山県議団は7日、新型コロナウイルス感染症に関する申し入れ書を和歌山県に提出しました。

 申し入れ書は、PCR検査センターの設置や、発熱外来の設置や入院患者を受け入れる医療機関への財政支援、不足している検査用マスク・防護服・フェイスシールドの資材提供など医療提供対策の強化、売り上げの減少幅や開店時期などの問題で国の持続化給付金の対象にならない県内業者への独自支援やすべての県民に対する県独自の給付金制度の創設など経済支援及び生活支援の強化、文化・芸術・スポーツへの支援、市町村との連携などを求めています。

 

しんぶん「赤旗」2020年5月9日近畿版掲載

 

県議団としての申し入れ文書

 

先日、高田事務所では、「新型コロナに関する何でも相談会」を実施しました。旅館従業員は「感染しないか心配です。大阪からもお客さんが来ます。」と不安をのぞかせ、飲食店経営者は資金繰りを相談。「すでに受けている融資の債務の条件変更とコロナ特別貸付融資を受けたいと話し、(11日に調査に来る)大門みきし参院議員がきたときに相談することにしました。旅館でパートをしている男性は3月の給料が大幅減。社会福祉協議会の緊急小口資金申請や、4月は休業補償をしてもらえるかなど相談しました。高田県議は、融資を交渉していくことや、コロナ対策の生活福祉資金の申請などを提案。解決にむけて力をつくしていきます。

 

*大門みきし参院議員の調査は「緊急事態宣言」が発表されたこともあり、中止となりましたが、高田事務所独自の調査・相談を行っています。

 

雇用や収入の問題、休業補償、資金繰り、緊急融資や福祉資金など、何でもご相談ください。

 

電話 0739-82-3515(留守の際は留守番電話に伝言ください)

FAX 0739-82-3516

 

2月議会一般質問でもコロナ対策について質問

日本共産党ホームページのコロナウイルス対策ページです

2月議会報告です

12月議会報告です

9月議会報告です

6月議会報告です

高田よしかず事務所

西牟婁郡白浜町2171

TEL0739-82-3515

FAX0739-82-3516

 

画像をクリックすると大きなサイズで表示されます

西牟婁議員団のHP開設