これからもあきらめずに応援よろしくお願いします

◇4月29日(水)これからもあきらめずに応援よろしくお願いします

ブログをご覧頂いているみなさん、本日、高田よしかず県議は任期満了を迎えました。

全国的に躍進し、史上初めて全国すべての都道府県議会に議席を確保し、後半戦でも各地で全員当選が相次ぐ中での敗戦は本当に残念でなりません。しかし、選挙結果を直視し、「まだ51歳。まだまだ頑張れると思います。みなさんもあきらめずに応援し続けてください」とその思いを語った高田よしかず県議です。


選挙後も引き続き多くの方にご覧頂いているブログ、できる限り継続していければと思っています。2011年4月、8年ぶりに議席奪還を果たしてこの4年間、県議として毎日更新して来ました。今後はそれは無理かも知れませんが、少しずつでもみなさんに活動の報告ができればと思っています。

今後もどうか応援をよろしくお願いします。 


写真の花「ユリノキ」、4年前にブログを書き始めた当初から素敵な花の写真を添えた記事をUPしていました。今後もご期待ください。   

みなさんと力あわせ、これからもがんばります

県議選、高田よしかず候補、599票差で惜敗


 「戦争する国にしたらアカン」「福祉、暮らしを大事にする県政に」「西牟婁の声を引き続きしっかり届けてほしい」ー住民のみなさんの切実な思いを受けとめながら全力でたたかいましたが、599票の差で議席に届きませんでした。


 結果を受けて高田候補は、「大きなご支援、本当にありがとうございました。議席を失う残念な結果になりましたが、私はまだ51才、西牟婁のみなさんの願いを実現するために、これからもみなさんと力を合わせてがんばりたい」と話しました。


 みなさまの引きつづくご支援をお願いします。


高田よしかず事務所・日本共産党西牟婁郡後援会


◇4月26日(日)すさみ町議選、ただ一人の女性議員の議席を守る

すさみ町議選、現職ただ一人の女性候補竹本なおみさんが8位当選で議席を守りました。

残念ながら新人かとう元昭さんは届かず、2議席から1議席にとなりました。

激戦を勝ち抜いた竹本なおみさんに、九鬼ゆみ子上富田町議から花束が贈られました。

◇4月25日(土)

すさみ町議選、最終日ー二人そろっての当選を!

すさみ町議選もいよいよ最終日です。

竹本なおみ・かとう元昭両候補者隊はそれぞれ1日、力いっぱいの訴えを続けました。

今回の選挙にあたって、次のような政策をもって訴えました。


元気・活発な町に


◇災害に強い町に

◇地元バス会社と協議しながら、住民バスの拡大・充実を

◇子育て支援・若者が定住できる町づくりを

◇福祉の心で医療と介護サービスの充実を

◇教員と学校の自主的な取り組みを支援する教育条件・予算の充実を

◇農林漁業と観光の振興を

◇鳥獣害対策のいっそうの強化を

一票を争う大激戦ですが、すさみ町になくてはならない日本共産党の2議席、どうかみなさんのお力で二人そろって勝たせてください。

又、全国各地で同じように大激戦・大接戦のまま明日の投票日を迎えます。全員当選へと結びつけることができるかどうかは、最後までの奮闘にかかっています。最後までの力添えよろしくお願いします。



◇4月24日(金)ただひとりの女性候補ー一般質問を休んだことがない働き者

日本共産党の現職竹本なおみ候補は、ただひとりの女性議員としてきめこまやかに、介護や暮らしの問題をとりあげてきました。「議員に一番大事なのは一般質問」といわれますが、12年間、その一般質問を欠かさずおこない、住民のみなさんの要望を町政に届け、結果を「すさみ民報」で知らせてきました。「こまめに、こつこつ」が信条です。


選挙戦では、1日30数ケ所で街頭からの訴えを続けています。

一般質問を休んだことがない「働き者」、落とすわけにはまいりません。

なんとしてもみなさんのお力で、この大激戦を勝ち抜かせてください。


◇4月23日(木)すさみ町議選、日本共産党の2議席を!

すさみ町義戦、2人当選のために、お知り合いに声をかけ、広げに広げてください。

新人多数。でも選択のモノサシは「新人か現職か」ではありません。

大事なことはしっかり働く人かどうかです。


ためされずみの即戦力、かとう元昭。

一般質問無休の働き者、竹本なおみ。


共産党の「議席の値打ち」が光る選挙です。

2人そろって当選のために、どうか皆さんのお力添えをよろしくお願いします。


*********************

日本共産党の72歳の新人、かとう元昭候補はためされずみの即戦力です。


かとう元昭候補は、働きながら教員免許をとった苦労人。小学校の教員を38年間つとめたあと、高齢者の福祉や権利を守る運動のリーダーとしてがんばってきました。「なんでも相談に乗ってくれ、すぐに動いてくれる」「即戦力だ」と、信頼と期待を集めています。

どうか、みなさんのお力で町議会へと送ってください。


◇4月22日(水)すさみ町議選2日め

すさみ町議選2日め、竹本なおみ候補は細かく街頭演説で立候補にあたってのあいさつと訴えをしました。

多くのみなさんに力強い励ましを頂きました。

ただ一人の女性候補、みなさんのお力で、今度もひきつづき町議会に送って下さいとお願いしています。


◇4月21日(火)すさみ町議選告示

いっせい地方選後半戦のうち町村長・町村議員選挙が告示されました。

すさみ町では現職の竹本なおみさんと、新人のかとう元昭さんが立候補しました。

定数10に16人が立候補の激戦です。

みなさんのご支援で2人の共産党議席、ひきつづき町議会に送って下さいますようお願い申しあげます。

竹本なおみさんの写真は明日紹介できるようにします。


◇26日投票ですさみ町議選

いっせい地方選・前半戦、定数2の西牟婁郡では惜敗しましたが、全国的には共産党の議席が増えました。史上初、全都道府県議会に党の議席を得ることができました。
26日投票の後半戦。
すさみ町では定数10に15人が立候補を予定している激戦です。
日本共産党からは、現職の竹本直美さんと新人の加藤元昭さんが立候補します。
みなさまの大きなご支援をよろしくお願いします。

西牟婁のためにしっかり働く人をひきつづき

高田よしかず県議候補の第一声です

何としても県議会に押し上げてください

「何としても県議会に押し上げてください」

大激戦・大接戦。「戦争立法をとめる票は日本共産党の高田へ」、「自民党への票は戦争への票」です。平和を守るためにも、西牟婁のみなさんの願いを届けるためにも、絶対に負けるわけにはいきません。

 投票箱のフタのしまるまで、みなさんと力をあわせて全力を尽くします。どうかよろしくお願いします。県会議員候補、高田よしかず

◇4月11日(土)いよいよ明日が投票日

最終日の本日は、午前中、上富田町であとは夜の8時まで地元の旧白浜町をかけまわりました。アナウンサーの声も力強く訴えました。行く先々で大きなご支援を頂き、一票を競い合う選挙戦、なんとしても勝ちぬこうと総力をあげています。無投票当選を果たした有田郡ほかいろんなところからの支援も頂き、本番ビラもたくさん配布することができました。

もちろん、高田候補は渾身の訴えを続けました。夕方6時に地元の湯崎で訴えたあとは、車の中から最後までの力添えをお願いし、「なんとしても勝ち抜かせてほしい」と訴えました。大浦の事務所に戻ったのは8時2分前、事務所前で最後のお礼と訴えをして8時ちょうどにマイクを置きました。

◇4月10日(金)また雨です

今日は朝からかなり降っていました。しかし、選挙では関係ありません。宣伝カーの窓をあけ、街頭演説も予定通りこなします。今日も30カ所ちかく上富田町と白浜町内で訴えました。街頭演説への反応も手ごたえは十分で、あと一歩のところへきていることはまちがいないと思います。応援してくださっているみなさん、あとひとまわり、お知り合いに声をかけてください。

◇4月9日(木)

旧日置川町で

旧日置川町とすさみ町を中心に街頭宣伝。今日も寒くてカッパが離せませんでした。選挙情勢は誰に聞いても実感としても3人による激戦、混戦。ひとつひとつの訴えが真剣勝負です。

◇4月8日(水)平和・くらし守る共産党 池内議員が応援

池内さおり衆院議員は8日、和歌山県内を縦断しました。

上富田町と白浜町で高田よしかず(51)=現=、海南市でさいか光夫氏(70)=現=、橋本市で富岡清彦(66)=新=の3候補を応援しました。

 池内氏は、「日本が攻撃されてもいないのに地球の裏側までいってアメリカといっしょに戦争する国にしようとしている」と安倍政権を糾弾し、戦争の自民党か、平和の日本共産党かと訴えました。


 また仁坂県政がムダな公共事業として凍結された和歌山と淡路島を結ぶ紀淡連絡道路を再び推し進める一方、老人医療費助成を10億円から600万円まで削減したことを示し、なんでも賛成の「オール与党」か、くらしを守る日本共産党かと訴えました。


 3候補は、安倍政権の暴走ストップの声を和歌山からあげようと支持を訴えました。

 白浜町で演説を聴いた男性(29)は「同じ世代をして池内さんの演説に、なんとかしなければと熱くなりました。若い人たちに声を届けていかなければと思います。勇気づけられました」と話しました。

 しんぶん「赤旗」4月9日付近畿版掲載

◇4月7日(火)上富田町でフル回転

朝から上富田町でフル回転でした。「安倍政権の戦争する国づくりノーの願いは日本共産党の高田へ」の訴えがよく聞いてくれます。もちろん子ども医療費無料化の拡大など県政への具体的な課題もお話ししています。有権者に励まされる場面もしばしば。手ごたえを感じています。

◇4月6日(月)

日置川からすさみ町へ

朝の宣伝を白浜町の富田橋でした後、日置川~すさみ方面へ候補者カーを運行しました。朝の富田川周辺はものすごい霧で視界が悪い状態でした。雨も降り、「今日はずぶ濡れやなあ」と思っていたのですが、その後は晴れ間もでて暑いくらいで天気予報がいい方にはずれたようです。

夜も2カ所で演説会をこなし支持を訴えました。

◇4月5日(日)今日は白浜

雨が降ったりやんだりでやりにくい天気でしたが、白浜町内でがんばりました。11時からは中央公民館で個人演説会。みなさん誘い合って来てくれ、大にぎわい。ありがとうございました。夜8時の街宣終了までやりきりました。


◇4月4日(土)上富田で演説会

県議選二日目の日程は主に上富田町です。朝と夜は街頭宣伝、昼間は演説会で訴えました。自民党推薦候補も夜まで街頭演説をしていて市ノ瀬地区ではちあわせに。激戦です。ご支援よろしくお願いします。


◇4月3日(金)県議選、告示

県議選が告示されました。第一声は地元の湯崎で近所のみなさんを中心に150人以上が参加していただきました。これは前回よりもかなり多く、たいへん励まされました。郡内を駆け巡り、夜までめいっぱいがんばりました。

◇4月3日(金)午前9時~ 出発式を行います

  湯崎の高田よしかず事務所付近です

  どうぞお誘いあわせの上、お集まりください。

◇4月2日(木)いよいよ告示

明日はいよいよ県議選の告示です。今日は諸準備で事務所もにぎやかです。宣伝カーも完成、あとはがんばるだけです。

◇4月1日(水)白浜でも宣伝

また雨です。カッパと長靴の出番です。広畑町議と街頭宣伝にでました。反応はすこぶる良くて、有権者の安倍暴走政治への怒りが感じとれます。その気持ちを私に託してください。

◇3月31日(火)朝の宣伝も絶好調

今日の朝宣伝は上富田町内の国道42号沿いです。新しい場所だったのでどうかと思いましたが、反応はよかったです。午後も上富田町で九鬼町議らと街宣。この時も熱い期待のこもった声援にやる気がでました。

◇3月30日(月)上富田町で街頭宣伝

午後、九鬼町議と街頭宣伝にでました。本番まぎわとあって有権者からの激励も多く、こちらが励まされています。今日訴えたのは安倍内閣が統一地方選挙後に「戦争立法」を提案しようとしていること。自民党が勝てば、戦争する国づくりがますます加速するのは目に見えています。この点でも日本共産党の躍進で暴走政治にストップをと訴えています。


◇3月29日(日)レインスーツと長靴が大活躍

今日も朝から雨で時折、かなり激しく降ります。このところ休憩していたレインスーツと長靴で広畑町議と訪問活動です。あちこちの後援会員のみなさんの支援をうけて、地域ごとに宣伝と対話が取り組まれました。わが陣営もだんだんと熱気をおびてきました。

◇3月28日(土)街頭宣伝に熱い声援

午後、上富田町で九鬼町議らと街頭宣伝にでました。県議選挙直前とあって支援者から熱い声援があり、励まされています。

◇3月27日(金)

「農協改革」反対のビラできる

2月県議会で「農協改革」の問題を質問しましたが、その要点をのせた西牟婁民報(ビラ)ができあがりました。JA紀南の本田組合長からのメッセージものせています。農村部を中心に配布しようと計画しています。安倍「農協改革」にノーの声を各地であげていきましょう。

我が家のキャベツが見事に巻いています。

◇3月26日(木)選挙ハガキサポーター募集

 県議選挙の本番で使うハガキのあて名書きを多くの方にになってもらおうと、あちこち精力的にお願いに回りました。今日はいっせい地方選の知事選挙が告示され、本当にいよいよ選挙本番です。よろしくお願いします。

◇3月25日(水)今日も寒かった

朝の宣伝の時から風が冷たく、田辺の高尾山あたりをみると雪雲のような低い雲がかかっていました。そんななかでしたが、上富田町内を九鬼町議らと歩きました。夕方には子育て世代が多い住宅団地を訪問。子育て支援の政策ビラをわたすと対話がはずみます。事務所に選挙本番で使うハガキが到着しました。いよいよ本番モードです。


◇3月24日(火)寒さ、ぶり返す

風が冷たく、寒い一日でした。白浜の町内をあちこち回りました。沖縄県の翁長知事が辺野古への新基地建設問題で、国のやり方をゆるさない毅然とした態度を表明。基地建設をめぐって県と国が対立するというのは初めてのことで、安倍政権のあまりの地方無視のやり方に憤りを感じます。この政権が地方創生をいうのですから開いた口がふさがりません。


◇3月23日(月)ゴンパチ

少々、寒いものの天気にめぐまれた今日は上富田町を九鬼町議らと歩きました。選挙情勢は相変わらず三つ巴で緊迫しています。そんななか川の土手にゴンパチが出てきていました。ゴンパチは方言でイタドリの新芽のことです。生でかじるとすっぱい汁がでてきて喉のかわきを抑えてくれます。皮をむいて塩漬けすると一年中食べることができます。

◇3月22日(日)竹本、加藤陣営が事務所びらき

午後、すさみ町の日本共産党候補の事務所びらきがあり参加しました。好天に恵まれ竹本、加藤の両予定候補が町づくりへの具体的政策をかかげてあいさつ。支援者や地元のみなさんからも激励の言葉を寄せていただきました。多くのご参加ありがとうございました。

◇3月21日(土)上富田町でも激戦

九鬼町議と上富田町を歩きました。ここは新人候補の地元とあってまさに3陣営が激戦状態です。私、高田は出遅れています。ご支援をいただかなければ勝ち抜けません。今日も歩きに歩き、その後、生活相談などに対応しました。夜も本番の作戦計画などで熱い会議が。いよいよ選挙本番ムードです。

◇3月20日(金)江住地区にて

すさみ町の江住地区を加藤元昭さんらと歩きました。町議選は多数激戦でどこの地区へいっても激しい競り合いです。志位さんと安倍首相のポスターがならんで貼っている場所がありました。どちらもこぶしを握っていて、ここでも自共対決です。


◇3月19日(木)すさみは雨だった

雨が続きます。県議選直前の時期にカッパが大活躍することも珍しいのでは。どしゃぶりのなか、いっしょに歩いた竹本町議です。

◇3月18日(水)県民の声は・・・

上富田町や白浜町で活動しました。上富田町では子ども医療費の無料制度拡大について、あちこちで若いお母さんたちから要望をいただきます。また、安倍政権がすすめる戦争できる国づくりへの不安の声があちこちで共通してだされます。そんななかで戦われる県会議員選挙、安倍暴走政治をストップしてほしいという願いをしっかり受け止めてがんばります。


◇3月17日(火)豊かな自然に励まされる

今日も一日、上富田町で活動しました。早朝、午前、午後、夕方と行動しましたが、いっしょに回ってくれるみなさんも今日は暑いくらいの日和だったのでたいへんだったと思います。行動中、疲れていても目に入る自然の草花や景色が心をいやしてくれます。これは都会にはない田舎のよさでしょう。自然にも励まされて、「いまの政治ではあかん」のみなさんの思いを県議選挙にぶつけていきたいと思います。

◇3月16日(月)つばぜり合いの上富田町

上富田町内を歩きました。すでに各陣営がパンフレットなどを配っていて、つばぜり合いのような状況です。「負けてたまるか」と後援会のKさんと朝から夕方まで歩き続けました。Kさんによると今日の歩数は約2万5000歩だったとか。それでも訪問できる軒数は300軒くらいでまだまだ馬力をかけていかねばなりません。


◇3月15日(日)雨です

広畑町議と白浜町内を約8時間かけて歩きました。休憩は昼食など1時間半くらいだったので実質6時間半くらい歩いたでしょうか。きっと広畑町議の万歩計も15000歩はこえたと思います。雨だったのでレインスーツと長靴というスタイル。傘をささないのは訪問するたびに雨傘を閉じたり開いたりしているとすぐ壊れるからです。訪問した先で「共産党、がんばってほしい」、「ちゃんと仕事してくれてるし、党派をこえて応援せんとなあ」など励ましをうけると元気もわいてきます。

◇3月14日(土)対話がはずむ

朝からひたすら白浜町内を歩きました。日差しがでると暑いくらいですが、影になると冬の寒さという感じです。歩けば歩くほど今の政治への批判や私の議席への期待の声と出会います。この議席の持つ重みをひしひしと感じています。なんとしても再選を勝ち取りたい、そのためにがんばります。

◇3月13日(金)

3・13重税反対行動

今日は上富田町で行動しながら、田辺市で開催された重税反対行動にも参加しました。天気もよく例年より多くの参加者でした。私も連帯のあいさつで、国会で問題になっている政治とカネの問題について発言。企業・団体献金、政党助成金の廃止を訴えました。

◇3月12日(木)春を感じる

富田地区を訪問しました。その名の通り水田の多い地区ですが、高速道路の建設や住宅地の開発で農村風景が変わってきています。そんななかでもコブシの花やつくしんぼが春を感じさせてくれています。

◇3月11日(水)上富田町にて

上富田町内を歩きました。Kさんの畑にあった野菜の花です。アブラナ科だと思いますが名前はわかりません。

◇3月10日(火)吹雪にもまけず・・・

朝宣伝のときから冷たい風が強く吹いていました。今日も広畑町議と行動しましたが、午後になるとさらに冷え込み、吹雪のようになってきました。でも負けていられません。予定の行動をこなし切りました。

我が家の前も吹雪でした。

◇3月9日(月)雨にもまけず

今日は朝から雨でしたが、早朝宣伝に、訪問活動とフル回転でした。いっしょに行動した広畑町議は万歩計が1万歩をこえたと喜んでいました。

◇3月8日(日)

原発ゼロ!フクシマを忘れない

今日から本格的に高田よしかず後援会事務所が開設されました。住所は白浜町2651-1で大浦地区のいつもと同じ場所です。

電話は0739-82-3722、ファックスは82-3723です。お気軽にお立ち寄りください。

今日は白浜町堅田地区を中心に活動しながら、お昼前には田辺市で行われた原発ゼロ行動に参加してきました。

◇3月7日(土)演説会

上富田町文化会館で県議会選挙へむけて演説会でした。国会から宮本岳志衆議院議員が駆けつけてくれ、演説後、有田の松坂県議の演説会へすっとんで行かれました。私からは県議会の様子や共産党議員の役割、実績、保守や無党派のみなさんとの共同などいろいろ語らせてもらいました。約500名が参加していただき、熱気のこもった演説会になりました。ありがとうございました。

◇3月6日(金)2月県議会、終わる

議会の最終日でした。昨日は土曜日の演説原稿を作るために和歌山市に泊まったので朝早くから県庁に出勤しました。途中、奥村のりこ県議と中村あさと市議が支部のみなさんと朝宣伝にがんばっていたので激励がてら写真を撮りました。

議会最終日は採決で、最初、共産党県議団から提案しようとしていた「子ども医療費の無料制度を国で作れ」という意見書案が全会派が提案者となり採択されました。そのほか、共産党県議団は予算案といくつかの議案に反対しました。

◇3月5日(木)

今朝のしんぶん「赤旗」記事です。いよいよあさって7日(土)

上富田文化会館にて演説会です。

白浜の大浦に選挙事務所もできています。又あらためてお知らせします。

◇3月4日(水)県庁にて

県議会は今日は休会ですが、議案審査のため共産党県議団で会議です。海南市でも維新から候補者がでることが決まったようで雑賀光夫団長も大忙しのようです。

◇3月3日(火)総務委員会

県議会の総務委員会の審査でした。先日、白浜沖に墜落した自衛隊ヘリの問題を中心に取り上げました。県の答弁によるとこのような飛行訓練の事前通知はこれまで自衛隊から行われてこなかったこと、昨年度で19回の訓練が南紀白浜空港で行われたことなどが明らかになりました。そもそも危険をともなう訓練を民間空港で行うこと自体がまちがいだと私は思います。危機管理局長は、今後は自衛隊に訓練の事前通知を求めることを表明しました。

◇3月2日(月)農政への怒り

すさみ町で加藤元昭さんらと歩きました。天気もよくあちこちで田植えにむけた準備も始まっています。あちこちの農家で自民党のすすめてきた農政への怒りと共産党への期待の声を聞くことができました。本当にこのままでは地域の農業が壊されてしまいます。祖先から守ってきた田や畑をこれ以上、荒廃させてはなりません。政治の転換が必要です。


◇3月1日(日)暴風雨

朝からけっこう雨が降っていましたが午後2時すぎからは嵐のようになってきました。ということで主に電話で演説会参加の呼びかけをしました。宮本岳志衆議院議員も応援に来てくれることになり、成功へむけてラストスパートです。

◇2月28日(土)ひたすら演説会

小学校のヒカンザクラが咲き始めています。月末なので「赤旗」の集金もしながら、ひたすら演説会へのお誘いに訪問したり、電話をしたりであっという間に一日が終わりました。

◇2月27日(金)

白浜町で活動

今日は地元で活動しました。朝宣伝の後、国道42号・平間地区の交通状況について広畑町議と調査。近くにある幼児園への送迎の車でかなり混雑している様子がわかりました。その後、白浜空港にある県防災航空隊へ聞き取り調査、その後、あちこち訪問しながら3月7日の演説会のお誘いです。風が強く、寒い一日でした。

◇2月26日(木)一般質問終わる

今日で一般質問が終わりました。明日からは予算特別委員会。日本共産党県議団からは雑賀光夫議員が質問を行います。夕方まで予算や議案の調査にかかりきりになってしまいました。


◇2月25日(水)一般質問4日目

今日の朝宣伝は、白浜町の富田橋です。川の近くなので風が冷たいこと。高速道路の工事関係車両が多いのですが、工事も後半戦なのでさすがにダンプは以前ほど多くはありません。そのかわり目立ったのは自衛隊の車。先日、墜落したヘリの羽根などの部品が見つからないので大挙して捜索にきているのです。夕方でもヘリがバタバタ音をたてて飛び回っていました。

一般質問は松坂県議が、介護職員の待遇の問題、ヒートポンプ給湯器の低周波被害、特別支援教室の状況、和歌山みかんの品質向上について質問。とくに介護職員の待遇は全国的にも問題ですが、和歌山ではさらにひどい状況にあることが報告されました。

◇2月24日(火)夕方の宣伝も

今日の一般質問では日本共産党県議団から奥村のりこ議員が登壇。介護保険や地方税回収機構の差押問題などを取り上げました。本会議が終わってから先日の白浜町でおこった自衛隊ヘリコプターの事故で、危険な訓練中止と情報公開を求め、県当局に申し入れを行いました。

議会の用事をばたばたと片付けて、夕方は白浜町内のスーパー前で夕方宣伝です。朝の宣伝で会った人と帰りも会ったりして、なかなかの手ごたえでした。つきあってくれている広畑町議や支部、後援会のみなさんに感謝です。

◇2月23日(月)朝の宣伝と一般質問

今日から朝の宣伝を始めました。議会中なので終わったらすぐに車に乗って県庁へ急ぎます。

議会では一般質問でした。農協改革や鳥獣害問題、宝石サンゴ漁、河川の維持管理や防災について質問しました。


◇2月22日(日)3月7日大演説会へ

3月7日に上富田町文化会館で日本共産党の大演説会があります。もちろん4月の県議選にむけてのもので決起集会と事務所開きのお知らせを兼ねたものになっています。今日もそのお誘いで富田地区などあちこちで訪問させてもらいました。途中、ひどい雨もありましたがあちこちで励ましをうけ、がんばることができました。多くの皆様のご参加をお願いいたします。

◇2月21日(土)ヘリ、引き揚げ

先日、墜落した自衛隊ヘリの引き揚げ作業が早朝から行われました。サルベージ船が到着後、ダイバーが要領よくワイヤーをかけ、30分前後で引き揚げが終わりました。心配していた油漏れもなかったようです。

午後は、白浜町社会福祉フォーラムに出席後、上富田町の集会であいさつ。あいまに相談活動など盛りだくさんの一日でした。

◇2月20日(金)一般質問始まる

今日は本会議です。午前中の補正予算の採決のあと、午後は一般質問が始まりました。私は週明けの月曜日の2番目の予定です。昨日も書いた白浜での自衛隊ヘリの事故ですが、ヘリが片方のエンジンを止めて訓練しているということを県も町も知らなかったということです。こんなことで住民の安全が守れるのでしょうか。

◇2月19日(木)自衛隊ヘリの墜落

報道によると南紀白浜空港で離着陸訓練として2基のうち1基のエンジンを止めて飛行していた自衛隊のヘリが近くの海に不時着?したとのこと。乗員は無事でほっとしましたが、海の汚染はないのか心配です。通常の飛行ならともかく、そんな訓練をなぜ民間空港でやっていたのかわかりません。住民の安全を守る立場からきびしく抗議する必要がありそうです。


◇2月18日(水)九鬼町議と調査

県議会での質問準備で今日は朝から九鬼町議と上富田町内の河川を見て回りました。地域から「土砂をとってほしい」、「草を刈ってほしい」という要望があがっていますが、予算の関係でなかなか要望にこたえきれていません。県議会では予算の充実を求めたいと思います。

午後は県庁で打ち合わせでした。

◇2月17日(火)補正予算の審議

今日の県議会は補正予算の審議です。当初予算ではないので部分的な話になりますが、近頃は国の補正予算がどっさりくることがあります。今年はとくに地方選挙前ということで地方創生の交付金がどっさりきていて県も市町村もどう使うか難儀しているようです。たぶん市町村では以前もあったプレミアム商品券なんていうのがまた発売されると思います。県では外国からの旅行者向けツアーの割引や県産品の割引などが行われる予定です。でもこれで本当に景気回復するでしょうか。バラマキ型の補正予算より普段の福祉や暮らし、営業を応援する予算を増やしてほしいものです。

◇2月16日(月)質問の打ち合わせ

今議会は一般質問をするので、当局のみなさんと打ち合わせが続きます。日本共産党県議団では明日、審議される補正予算について協議をしました。あれこれ分担して勉強するのですが、やることが多いので頭から湯気がでてきそうです。

◇2月15日(日)白浜町は21位

ジュニア駅伝の本番です。白浜町はタイムは昨年よりよかったものの21位でした。選手はみながんばってくれました。保護者のみなさんもご協力ありがとうございました。


◇2月14日(土)最後の駅伝練習

明日はジュニア駅伝本番ということで今日で子どもたちの駅伝練習は最後です。練習は短時間で切り上げ、明日の選手発表と注意事項など話し合いました。明日は天気もよさそうで何よりです。

午後は白浜町内の個人宅をお借りして懇談会。女性ばかり20人ちかく寄ってくださり、本当に励まされました。ありがとうございました。

◇2月13日(金)県議会開会

2月県議会が開会しました。いつもより時期が早いのは4月の県議選があるためです。他会派の議員も落ち着かない様子でした。議会も選挙もがんばります。


◇2月12日(木)つづく議会準備

今日の朝は高田事務所で選挙にむけた打ち合わせなどでスタート。その後、お昼まで田辺の西牟婁振興局へ行って道路や河川の整備について調査。午後は資料を閲覧に田辺市立図書館へ。帰り際、2階の歴史民俗資料館で「紀州のあゆみ」という埋蔵文化財の調査結果の展示があり、15日までで終わるとのことで10分だけ時間をもらって見学。日置川の安宅荘中世城郭群の資料をしっかり見せてもらいました。

夜は白浜町・平間地区で懇談会。「もう年金だけではやっていけない」、「路線バスが不便。町民バスがほしい」など切実な要望がだされました。日本共産党へ期待が寄せられています。

今週の「赤旗」日曜版の1面は「農協つぶしノー」ということで安倍政権がすすめる農協「改革」に反対する5県のJA中央会会長が登場。政治への怒りがひろがっています。

◇2月11日(水)暖かい一日

午前中、子どもたちの駅伝練習につきあった後、午後はすさみ町へ。竹本町議と歩いていると梅の花もかなり咲いてきていました。

◇2月10日(火)議会準備です

今日は議会準備で県庁へ。あれこれ勉強しています。選挙前なのでそちらに集中したいのですが、議会質問は議員の一番の仕事。さぼるわけにはいきません。


◇2月9日(月)潜水橋

強烈に冷たい一日でした。上富田町の生馬地区を歩きました。富田川が増水したときには水中に没してしまう橋があります。学生が自転車に乗ったまま渡っていました。

◇2月8日(日)教育関係者のつどい

教育関係者でつくる後援会のみなさんが宮本岳志衆議院議員を招いて、つどいを開催しました。私は最初のあいさつだけさせていただき次の行動へ。宮本さんは昨日、新宮市で仕事があり、帰りがけの時間を拝借しての開催だったようです。じっくり国会のお話しを聞きたかった・・・。

◇2月7日(土)ジュニア駅伝の試走

朝は寒かったものの天気もよく暖かくなった今日、和歌山市まで駅伝チームの試走に行きました。試走後、片男波の公園でタスキわたしなど軽く練習。いよいよ来週が本番です。白浜町チームへの応援、よろしくお願いします。

夜は堅田地区で懇談会。防災の問題などで盛り上がりました。


西牟婁議員団のHP開設