戦争法廃止、暴走ストップ、政治転換の年に

新春の街宣~戦争法廃止、安倍暴走ストップ、政治転換の年に~

本日、日本共産党西牟婁議員団で、新年の街宣活動を行いました。

午前中はすさみ町と旧日置川町、午後上富田町と白浜町をまわりました。

 

日本共産党を代表してあいさつと訴えを行った高田よしかず前県議の話を一部ご紹介させて頂きます。

 

****************************************

 

新年あけましておめでとうございます。今ご紹介頂きました共産党の高田でございます。

今年夏には参議院選挙があります。この参議院選挙で今の安倍さんがすすめている政治を少しでも良くしたい、そういう思いで日本共産党、全力でがんばっております。どうぞ今年もよろしくお願い致します。

 

この参議院選挙ではわたしたちなんと言っても去年あれだけの国民の反対や疑問が出された戦争法という法律について、これを廃止するために参議院選挙で野党が協力をしてがんばっていきたいと今やっています。

現在、数の上では安倍さんと自民党が多数を占めていますから、それを覆すためには野党が多数にならなければならないわけです。そのために、全国各地で選挙協力をやって野党が力を持っていくというように流れを大きく変えていく、この仕事を今年はやりたいと思います。

 

またみなさん、くらしの問題でも消費税の増税が来年になっています。さらに後期高齢者の方は医療の保険料が来年、再来年と大幅に引き上げられる、こんな予定もされています。経済の方はといえば、アベノミクスで回復したなどと言っていますが、ほんの一部の大企業が大幅に売り上げが伸びましたが、庶民の懐は所得は下がり、年金も下げられるばかりで、こんな政治が続いては私たちのくらしは本当にやっていけない、そういうことになっているのがわたしたち庶民のくらしではないでしょうか。

 

みなさん、ぜひ今年はこういった政治に対して大きく変える一歩を踏み出したといえる年にしたいと思います。日本共産党は野党が協力をして選挙がたたかえるようにその中心になってよびかけをすすめていきたいと思います。そして戦争法が廃止をされるまでがんばり続けていきます。

 

参議院選挙が終わったあと、安倍内閣は自衛隊を海外に送り出せるようにしようとしています。日本の防衛とは全く関係のない地域にまで投入して自衛隊の若者を戦争に派遣しようとしています。もしそんな事になったら、まさに殺し殺される戦争になってくるわけです。そんなことになれば日本が真っ正面にテロの標的になってまいります。そういうことにならないためにも、一刻も早く、戦争法を廃止する、私たちは他の野党と協力をしてこの課題を実現して参りたいと思います。

 

どうかみなさん、昨年にも増して今年、日本共産党がんばって参りますので心よりご支援ご協力をお願いしましてこの場での新年にあたってのごあいさつと訴えにさせて頂きます。ありがとうございました。

 

********************************

 

◇2016年1月1日(金)新年おめでとうございます

 

新年おめでとうございます

 

昨年は戦争法=安保法制が強行採決されました。安倍内閣は国民の怒りは「正月の餅を食べたら忘れる」とたかをくくっています。今年は「戦争法廃止はあきらめない」という国民の意思を参議院選挙ではっきり示す年にしていきましょう。日本共産党は野党が共闘して戦争法廃止の国民連合政府を実現できるよう全力でがんばります。                 前県議会議員 高田よしかず

 

*********************************************************

 

写真は日本共産党後援会ニュースです。西牟婁3町と田辺市版も発行しています。

西牟婁議員団は3日、新年の街宣を行います。

各町で開催される「新春のつどい」にぜひご参加ください。

 

 

田辺市では16日(土)、堀内照文衆院議員を迎えてのつどいを開催します。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

by高田よしかず事務所

 

 

 

西牟婁議員団のHP開設